自分の事とか

2008/05/18

似てる人。

昨日会った友人に「バカリズム」という芸人に似ていると言われた。
その場にいたほかのやつに似てるかどうか聞いたら、
満場一致で似ているという事になった。

でも、その人知らないから今日ネットで検索して顔見たけど、自分ではよく分かんなかった。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/03/30

硬派な男。

昔々、オレたちの青春時代はポケベル全盛期だった。

一応、”硬派”で通してたオレは、ポケベルだぁ?そんな軟派なもん持つものか!って思ってた。

でも、、、便利さに負けみんなに遅ればせながらポケベル所有。
その時にはもうすでに携帯持ってたやつもいたけど。。

そしてポケベル時代も終わりを向かえ、みんなが携帯持ってる頃、”硬派”なオレはまだポケベル所有。
携帯だぁ?、そんな軟派なもんいらねぇ!と。
友人に連絡つかないから持てと言われようが気にしない。
出会った女の子に「キャー、懐かしい!」と言われようが気にしない。

でも、、、
好きな子が出来たときにその子と連絡を取りたくてすぐに携帯買いに行った。

結局、その恋は実らなかったけど…。

好きな言葉は”臨機応変”。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/03/17

やべぇっ!

遠足から帰ってきた辺りから薄々気付いていたのだけれども…。。。

最近、ご飯食べ過ぎてるな、と。

最近、お酒飲み過ぎてるな、と。

最近、おやつ食べ過ぎてるな、と。

最近、おなかぽっこりしてるな、、、と。

で、体重計に乗ってみたら、秋から7キロ増。キーーーッ!

その7キロ少なかった時以来にあった友人から「なんか大きくなったね、もしかして、、、?」と。

冬のバカヤローッ!!!旨いもんいっぱいじゃねぇーか!

食生活の軌道修正せねば。。。

とは言いつつ、昨日はおやつでプリン、今日はケーキを食べた。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008/01/17

教室

昨日、彫金教室の申し込みをしてきた。

ん? 彫金教室?

誰が?

オレが。

彫り留めと言うちょっと特殊な技術。
それだけを専門にやる職人さんもいる。

我が親方もそこの教室へ通ってて、習った事をオレに教えてくれたからある程度はできるんだけど、まだ自分は納得できる所までいってないので一からちゃんと勉強し直そうと思って。

教えてる立場にありながら、自分はまだまだ発展途上。
技術を磨くことにより自分の作品の幅も広がるし、生徒さんに教えられる事も増えるし。。

んでもって今年はもう一つ違う教室に通おうと思ってたんだけど、今は定員いっぱいで空き待ち。
そっちは刀のツバとか刀装具を作る教室。
赤銅とか自分が加工した事のない素材を使ったりするし、仕上げ方とかもおもしろいんだよねぇ。そういった日本の伝統技法っていうのにすごく興味があって教えてくれる所を探してて、、、

岐阜は刃物の町。そういった職人さんもちゃんといるんだよねぇ。
その職人さんのひとりが教室もやっていてね。
しかもその先生すごいお人。

そっちも早くやりたい。

うずうずする。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007/11/05

エクストリームママ

教室の生徒さんが体調悪いから休むっていう事で時間が空いちゃったし、
夕方ぐらいから頭痛で集中できないし、、、
作業もちょうど切りがついたので、ブログでも。

・カナダでの話

26歳の頃、ワーキングホリデーでカナダに一年いた。
で、就いた仕事ってのが、”エクストリームピタ”っっていうピタ屋。
直訳すれば、”最高のピタ”。
名前に負けず、かなりの美味だった。

メニューにはチキンだのビーフだの書いてあってその中からまずメインのトッピングをまず選ぶ。
「GYRO」や「FALAFEL」なんて日本人には馴染みにないメニューもある。
右で調理してるのが「FALAFEL」↓

Pita1

コロッケみたいなものかな。

で、メインを調理してる間に野菜のコーナーでお客さんに
「レタスは?」「トマトは?」「たまねぎは?」などと聞きながら要望通りに野菜を詰めていく。
ちょっとヒゲ長いけどこんな感じに↓

Pita2

お客さんは
「レタス多めにね」
「トマトは抜きで他は全部」
「野菜はいらない」 など様々。

だから自分の好きなトッピングだけ詰めてオリジナルのピタが作れる。

海外のSUBWAYも同じスタイルで自分であれこれ野菜を選ぶスタイルなんだけど、日本では細かく聞いてくれない。
嫌いな野菜ありますか?ぐらいであとは店員さん任せ。
選ばせてよ!ってちょっと思う。
言えば多分応じてくれるんだろうけど、小心者なのでそんな事言えない。
「こいつうざい」とか思われるの嫌だし。
でも、SUBWAY大好きなの。
岐阜には無いから残念。
だから名古屋の栄に買い物行くと自分が買い物する場所からかなり遠いんだけど、時間はあるときは必ず行く。

ピタ屋の話に戻る。
店長は「MALI」というイラン人のママだった。
メインで働く店員はその娘と息子。カナダでイラン人に囲まれながらの仕事だったわけさ。
ランチタイムはパートさんがいて、カタール人、インド人と「ここはどこ?」っていう人種のお店だった。
唯一夜のパートにカナダ人学生がいた。
でもお母さんは日本人。だからハーフか…。
日本語は全く話せないし顔も全然日本人の面影ない。
ちなみに母親の名前は「くにこ」だって言ってた。
そいつの口から聞くとなんだか変な感じがした。

朝の仕込みから夕方までランチタイム以外はママと基本2人。
いろいろ語り合った。育ち盛りの息子についての相談なんかも受けたし。
普段は物静かな感じなんだけど、好きな曲が流れると軽くステップ踏んだりなんかしてかわいいおばちゃんだった。
いいやつだったなぁ。

でも、、、ママにはひとつ欠点があって、何かと「チッ」って舌打ちする癖があった。
なんかミスして

「ゴメンMALI、○○しちゃった」と言うと、
「チッ、いいよ気にしないで」 と。

最初の舌打ちのせいでいいよとか言われてもなんか凹む。
お客さんに対しても気に入らない事があると笑顔で軽く舌打ちしてた。
癖だから仕方ないとは思いつつも最後までこの舌打ちだけは慣れなかった。。。

いつか日本でピタを流行らせてやる!ほんとうまいの。
オレの愛するファーストフード店もピタ出してるけど、あんなの目じゃない。へへっ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007/10/16

秋の空と…

朝晩冷え込んできていよいよ秋らしくなってきた。
そんな秋の夜風に当たってると2日に1回ぐらいすごく寂しい気分になる。
恋の季節だねぇ。

それはそうと地金がかなり高騰してる。
なんとかならんの???
金が1グラム¥3,000て! 勘弁してほしい。

うちは金・プラチナはオーダーしかやらないから在庫は持ってないからいいけど、
貴金属やってる宝石屋さんは泥棒さん怖いね。
とはいえ、もちろんうちも気をつけなきゃいけないからセキュリティーは万全の体制。

でも、、、戸締り苦手。
無意識に施錠すると、
帰りに車に乗り込んでから「あれっ?閉めたかな?」って不安になる。
それで何度も店まで戻った事がある。
実際に閉めてなかった事は一度もないんだけど。
だから指差し確認ぐらいの事して自分の脳裏に「閉めた」って事を認識させないとなんだか不安。
以前これを友達に話したら、それは「強迫観念」というものだと教えてくれた。

そんな俺、最初にやったバイトは新聞配達。
やっぱりバイトといえば新聞配達っしょ?という事で近所の新聞屋さんで雇ってもらった。

配達ルートを覚えたての頃は一生懸命に頭を働かせてるからいいんだけど、
慣れてくると何も考えなくても体が勝手に動くようになってくる。
朝4時半から仕事で当然眠いから頭も半分寝てる。
ぼーっとしながら配達をしてた。
さてどうなるか、、、、

「強迫観念」+「寝起き」=「ちっとも前に進まない」

1日に何回も「あれ?さっきあそこ配ったかな?」って戻って確認。

向いてないなって思った。。。半年で断念。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007/10/04

ダイエット

明日からダイエットしようと決めた。

ダイエット方法は食事のコントロール。普段食べすぎてるのをやめるだけだけど。
そもそも同じ方法で今年の2月から4月にかけて2ヶ月で8キロ痩せたのに、
夏までに2キロ戻した。
暑くなるとみんな食欲無くなるって言うけど自分の場合はビールがうまくて余計に食が進む。
んでもってキャンプで更に2キロ上乗せ。
そしてそのまま今日まで維持。
来月末まで最低戻ってしまった分の4キロ、出来れば5キロ痩せる所存でございます。

明日から始める理由その1

月見バーガーが今日で終わるから。
月見バーガーすごく好き。
どのぐらい好きかというと、、、
以前、ある友達に月見バーガーに対する熱い気持ちを伝えた。
そいつとは普段はあまり連絡をマメに取ってないんだけど、
毎年月見バーガーの季節になると俺の事を思い出すって必ずメールくれる。
今年も例外ではなく、メールくれた。
そのぐらい好き。
昨日、今年の分の食べ納めした。

理由その2

そろそろ肌寒くなってきて夏ほどビールを飲まなくても平気になるから。
夏は毎日缶ビール2~3本飲んでたけど、秋は1~2本で我慢できそう。

理由その3

来月末に高校の学年同窓会がある。
学年で30番目ぐらいに人気だったあの頃。。。
みんなに太った俺を見てがっかりさせちゃいけないと思って。

理由その4
腰痛予防。
寒くなってくると腰の調子が悪くなる。
腰への負担を軽減させないと。。。
正直、これが一番の理由。

そういえば今年流行った、ビリーズブートキャンプ、
自分の周りでもキャンプインしたという話は結構聞いた。
筋肉痛になったって事はよく聞いたけど、成果が出たという話はひとつも聞いてない。
今じゃ、ビリーの話は全くと言っていいほど聞かなくなった。
結局、相当気合入れないとあれをやりきるのは無理なんだよねぇ。
あれができるやつは別にビリーじゃなくても痩せられるやつだと思うんだけど?
小さな事からこつこつと…。継続は力なり!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/10/01

散髪 -歴史と共にー

髪の毛切った。 自分で。。。

しばらく美容院には行ってない。
ここんとこずっと自分で切ってる。
どのぐらい美容院行ってないかは内緒。
美容院あんまり得意じゃない.。(得意不得意があるのか?)
美容院ではいつも汚い感じにしてというのに、うまくまとめてくれる。
汚くしてくれない。
美容師として当り前か。。。下手と思われてしまうもんね。
それに美容院から帰る時はいい感じ!とか思うのに、自分でやるとなんか違う。
だったら自分で切っちゃえっつう事で結構昔から自分で切る事もあったし、友達に切ってもらう事もあった。自分で切ってもたまに「前髪揃ってる」と言われるくらいで自分で切った事は気付かれない。意外とうまいの、俺。最近は鏡2個使って後ろ髪も切る術も身につけた。 注:ちゃんと美容院も行くからね!

で、そんな私の過去の歴史を少々。。。(他人に切ってもらった作品)

高校1年の時・友人H作↓

Sampatsu_1

前から後ろまで真っ直ぐにしてと言ったのにかなりガタガタ。
所詮素人。こんなもん。

次の日はこの髪型+メガネかけて学校に行った。クラスの女子がこっちみてニヤニヤして何やら話してるのが見えたけど、女子とうまく話せなかったあの頃、「どう?これ?」なんて話せる訳でもなく、評判は不明。。。

19歳の頃・兄貴作↓

Sampatsu_2

ワカメちゃんカット。
このときはもみ上げを残したから前から見たら普通なんだけど、後ろはバッサリ。
親からご近所様に恥ずかしいからやめてくれと言われた。

20代半ば・またまた友人H作↓

Sampatsu_3

基本的には上の髪型と一緒なんだけど、今見るとなんだかIKKOみたい。
「早すぎたIKKO」ってとこかな。時代先取りしすぎた。

最後は全然関係ないけど、お気に入りの写真。
20歳の頃の証明写真↓

Sampatsu4

若干20歳。。。

ちなみにずっと上のような髪型してた訳じゃないからね。
たまに変な衝動に駆られやっただけで大抵は普通の髪型。
今回も普通に切っただけ。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007/08/01

写真

ホームページのトップページの写真を差し替えてみた。

特に意味のない写真ですが、
僕がまだかっこよかった高校生の頃、地元の友達と撮った写真です。

深夜の近所の駅。
怪しい高校生が線路の真ん中に三脚立ててカメラのタイマーセットして
急いで自分のポジションについてカッコつけて写真撮影。

いろんなパターンで写真撮ったので前見てる写真もあるけど、
公共の皆様にさらせるような面ではないし、
勝手に使うと友達にモデル代取られそうなので後ろ向きに撮った写真を使用。
ちなみに右端に少しだけ写ってるのが僕。

画像はフォトショップで多少明るさの調整をした程度。
もともとセピア色で撮った写真で色は変えずにそのまま使用。
高校生が撮った写真にしては上出来ではないかと自画自賛。。。
今は携帯のカメラやデジカメで失敗はすぐ確認できるけど、
僕らが高校生の頃はフィルムカメラしかなかったので撮ったら現像屋さんへ出す。
手間もお金もかかるけど、出来てくるまでどんなんが撮れてるかわからない感じがよかったりもする。

高校生の頃からカメラ好きだった。
とはいえ、コンパクトカメラで撮ってただけだけど。
風景とかは一人旅してる時に撮るぐらいであまり撮らない。基本友達ばっか。
イベントあるごとにカメラを持っていき、パシャパシャ。
自然な写真が撮りたいので相手に黙ってシャッターを押すこともしばしば。
そんなこんなで家にはかなりの数の写真がある。
友達のいけない写真(←昔の彼女が写ってたり)もいろいろと隠し持ってる。

数ある写真の中からいい写真を選んで友達が結婚するときにアルバムを作って渡すようにしてる。もちろんいけない写真を除いてチョイス。
昔の写真なんてみんなろくなの持ってないから、
こんなんだったんだぁと嫁さんも喜んでくれる。
このブログで紹介したH君にも結婚したときにアルバムを作ってあげた。
H君は今は坊主だけど、キムタクに憧れてロン毛にしてた時代の写真をしっかり入れておいた。
 ↓
嫁の一言 「気持ち悪い」
喜んでくれてよかった。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007/07/15

1st Anniversary ~たまには真面目に書いてみる~

1年前の今日この日、自分の店をスタートした。
そう、祝1周年なんです! みんなありがとぉお!!!

んー、1年かぁ、、、と、振り返ってみる。

まだまだ知名度が低い。
もっともっとがんばらにゃいかん!

最初の一年はとにかくすごく勉強になった一年だった。
たくさんの事を学んだ。

今までは仕事すれば当たり前のように給料としてお金がもらえた。
でも今はそうじゃない。独立という厳しさを痛感した。
(でも仕事のストレスは全くもってないけどね。ピース!)
みんなから「お店なんか出してすごいね」
とか言われるけど、お店出すのなんて誰でも出来る。
続けることが大変な訳で…。
商売を長く続けられてる人って尊敬しちゃうな。
自分がじいさんになった時にはそれこそ「よくがんばったね」って褒めて!

今やってる事はやった分だけ返ってくる仕事ではない。
でもやらなければ、お金はもらえない。
楽にやる手段とかもあるだろうけど、それは自分のスタイルじゃない。
今の自分の仕事は自分の満足感とお客さんの満足感がそろってはじめて成り立つ。
自分が作ったものでお客さんが笑顔になってくれる。
このうれしさは何ものにも代えがたい。
ホント涙出そうなくらい。
この気持ちは作り手としてこれからもずっと大切にしていきたい。

あと、お店をやった事によって新しい出会いや久しぶりの再会があった。
こういった出会いはお店を始めなかったら多分なかったであろう出会いだったと思う。
これもお店始めてよかったなぁと思う点かな。

オープンまではたくさんの友達が手伝ってくれたがオープンしてからは基本独り。
製作、販売、彫金教室、経理、ホームページ作成、雑用などなどすべて一人でこなした。
現在もまだまだ落ち着く事なく(自分らしい?)
なんとかお店を続けてるという状況で、つまづく事も多々ある。
ストレスない代わりに不安感につぶされそうな時もある。
それでも自分でなんとかして奮い立たせてやるしかない。
だからある種、孤独との戦いでもあったなぁ。
これはこれからも変わらないかな。仕方ないか…。

製作に関してはもっとできたかなと思う。
プラス思考なので自分は器用な人間だと勝手に思いこんでたけど、そううまくはいかない。
頭の中でいろんな事を考えながら整理してるつもりなんだけど、
なんだか集中できなくてなかなかオリジナルの新作を増やせなかった。
2年目はせっせとオリジナルの製作に励みたい。
ええの作るよ~!

そういえばこの一年、ほとんど休んでない。
全くのオフだった日は5日もないかも。
いろんなとこ行ったり物見たりするのも自分の視野を広げるという意味でとても大事。
もっと外出なきゃな。

D.B.Studio 2年目、期待してください!押忍!

以上、”たまには真面目(?)に書いてみる”でした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧